Magicode logo
Magicode
0
3 min read

NFTのレアリティ計算を理解する

Discord、Telegram、そしてあらゆるソーシャルメディアプラットフォームで最もよく聞かれることの一つが、NFTの希少性です。NFTファンは常に、他にはない、珍しい、NFTの宝石を探しています。

NFTのコレクションには、背景、アクセサリー、色など、それぞれ独自の特徴があり、そのユニークさを知るための様々なツールもあります。

この記事では、さまざまなツールがどのようにレア度を計算するのか、またNFTHelprがどのようにレアなNFTの取引に役立つのかについて説明します。

NFTのレアリティ算出方法の違い

rarity.toolsで使用される特性値のレアリティスコア= 1÷([その特性値を持つアイテムの数] / [コレクション内のアイテムの総数])

このシンプルな計算式は、一貫した結果が得られることから標準的な計算式とされ、そのシンプルさから、様々なNFTマーケットプレイスで採用されています。

形質レア度ランキング

この方法は、各アイテムの最も希少な形質のみをコレクション全体と比較し、アイテムの全体的な希少性を比較するものではありません。

平均的な特性レア度

この方法は、アイテムの特性全体の希少性を考慮しますが、手元にあるアイテムの極端に希少な特性を考慮することに欠けています。そのため、ある種の「一点もの」の特徴が、他の特徴によって薄められてしまうという事態が発生する可能性があります。

例えば 例えば、NFTが5%、35%、50%の確率で3つの特性を持つとします。したがって、このアイテムの平均レアリティは、(5+35+50)/3=30%となります。

この例からわかるように、5%のレアリティを持つ最初の特性は、他の2つの特性の相対的な共通性によって影が薄くなっている。

統計的レアリティ

すべての形質のレアリティを掛け合わせることで、全体のレアリティを算出する。したがって、上記の例では、(5%×35%×50%)=87.5%のNFTの総合的な希少性があることになる。

NFTHelprとレアリティ

NFTHelprは、レアリティが有利な取引を行うための鍵であることを認識しています。
そのため、NFTHelprはOpenSeaに統合されたレアリティ情報機能を持ち、レアリティスコア、ランク、フロアプライスなどのステータスを便利に提供します。

NFTHelprのレアリティプロバイダーは、レアリティ情報をクロスチェックするための複数のタブを必要としないため、大量入札、オークションの自動落札など、他の機能を補完し、すべてのユーザーにシームレスなNFT取引体験を提供します。

さらに、NFTHelprのOpenSeaの複数のアイテムに対する大量入札機能は、多くの希少なNFTのうち少なくとも1つを手に入れるチャンスを増やすのに役立ちます。ワン・キャンセル・オーサー」機能により、ユーザーは最小限の予算で作品を手に入れることができます。

NFTHelprは競争の場を提供し、NFTの人気が高まるにつれ、希少なNFTの市場参入はますます増えていきます。NFTHelprのユーザーフレンドリーで革新的なプラットフォームを利用することで、将来に向けてより良い装備を整えることができるのです。

NFTHelprについて

💻 ホームページ:https://nfthelpr.xyz/

📄ホワイトペーパー: https://nfthelperbot.gitbook.io/nfthelper-bot-lite-paper/

Discussion

コメントにはログインが必要です。