Magicode logo
Magicode
0
2 min read

LUNAとUSTに何が起こったのか?

Lunaは韓国を拠点とする伝統的な暗号通貨で、その価値はTerraという安定コインに結びつけられる。

テラは、今度は米ドルに連動することになっている。どちらかがその価格を下回ると、人々がもう一方と交換できるような仕組みが働くことになっていた。

USTの価格が高すぎる(1ドル以上)場合、プロトコルはユーザーにLUNAを燃やしてUSTを鋳造するインセンティブを与える。USTの価格が低すぎる(1ドル未満)場合、プロトコルはユーザーにUSTを燃やし、LUNAを鋳造させるインセンティブを与える。

1ドルで推移するはずの暗号通貨TerraUSD(UST)(安定コイン)は、もはや1ドルではありません。 何かが1ドルのはずなのにそうでないとき、それは通常、良いことではありません。

しかも、USTを支える暗号トークンであるLUNAも、事実上、その価値を失ってしまった。

ルナの供給量が急増し、価格が急落したのだ。テラコインを捨てる人が増え、バランシングの仕組みが止まり、テラコインとルナコインがともに暴落した。

LUNAの総供給量は、5月5日の約7億2500万トークンから、5月13日には約7兆トークンとなった。一方、LUNAはその価値の99.9%を失った。

Terraの背後にいる会社は、このようなことが起こった場合に備えて、LFGを通じて100億ドルのビットコインや他の暗号資産を購入する計画を打ち出しました。しかし、問題は残りました。

USTはトップ5の他の安定コイン(tether「USDT」、USDコイン「USDC」、binance USD「BUSD」、dai「DAI」terraUSD「UST」)のように完全に担保されてはいなかったのです。

崩壊前、USTの時価総額は180億ドルで、財団が保有していた40億ドル近くをはるかに超えていました。

暗号トークンLunaのクラッシュを受けて、インドの取引所はそのプラットフォームからトークンを上場廃止にしました。

Discussion

コメントにはログインが必要です。