Magicode logo
Magicode
9

PythonでExpo製React NativeにPush通知を打つバックエンドの実装

Expo製React NativeのPush通知のバックエンド部分が少し迷ったのでメモしておく

ExpoのPush通知の仕組みと手順

仕組み

端末ごとにExpoの通知トークンが存在する。モバイルアプリは、iOSなら許可された時(=オプトイン)、Androidなら拒否されない時(=オプトアウト)に取得できる。

例えばこんな感じ:ExponentPushToken[hogehogehogehogehogehoge] どうやらExponent...の部分も必要らしい

手順(かんたん2ステップ!)

ステップ 1

まずはフロントエンドでユーザーから手に入れたトークンをバックエンドに保存する。 フロントエンドについてはこの記事がわかりやすかった。

ステップ 2

バックエンドの好きな言語で、ExpoのAPIを叩く。素敵なAPIで、通知対象がiOSかAndoridかに関わらず叩くだけでいい。うまくラップしてくれていてありがたい。 

では実際のコードが以下である。


{"data":{"status":"ok","id":"40968d26-5cb6-4d80-9bad-22aa9e350934"}} 筆者に「ここに私へのメッセージをくださいw」とプッシュ通知を送りました。

Discussion

コメントにはログインが必要です。