Magicode logo
Magicode
0
1 min read

PinguをインストールしたいけどGOがない。なのでGOをインストールしてみた。

はじめに

pingならぬpinguコマンドでピングーを表示する(注:かわいい) なんて記事をみつけました。

元々SLやらfortuneみたいなコマンドが大好きなので、インストールしたいなぁと思ったが、GOとはなんぞや?というわけでGOのインストール方法をググってみる。

GOのインストール方法

プログラミングで最も難しいとされている、環境構築。もちろんGOも例外ではない。 GOの公式ページへ行くと、ダウンロードしてインストールするようにいわれるが、2022年にtarballを開いてソースコードをコンパイルして/usr/bin/にインストールしないといけない言語なんて使うやつがいるんだろうか。

なのでREADMEもなにもかもすっとばして検索する事5分。あった。

sudo snap install go --classic

これでOKだ。

あとは、最初のリンクを参考にしてpinguのgithubのページへ行きソースコードをダウンロードして

go install pingu
cp pingu ~/.local/bin

でOKだ。すばらしくキュートで実用的なコマンドをありがとう。 神に感謝。

追記

もしかしたら以下の文を

export PATH="$HOME/go/bin:$PATH"

.bashrcに追加しないといけないかも

Googleのipから住んでる国がバレるかもしれんガクブル

-cオプションが通らない。。。

Discussion

コメントにはログインが必要です。