Magicode logo
Magicode
1

Django~settings.py編~

#はじめに この記事はDjangoでのsettings.pyの設定を忘れないようにメモするために書きました。

#時間帯を合わせる まずは時間帯を合わせましょう。 「settings.py」を開いて、ガーとしたの方までスクロールすると

この部分が見つかるので、少し変更していきます。

このように変更することで、日本時間に合わせることができます。

#アプリの登録 「settings.py」の一番上から少しスクロールし他ところに「INSTALLED_APPS」というところがあります。 ここにアプリケーションの構成情報を登録するために追加していきます。 ここではアプリ名を「app」としておきます。

カッコ内の一番最初か一番最後にこのように追加します。 最後のカンマを忘れないように気をつけてください。

#テンプレートの登録 「INSTALLED_APPS」からさらに少し下にいくと、「TEMPLATES」というものが見つかります。 HTMLファイルを入れておく「templates」をここに登録します。

こんな感じになっているはずです。 ここの「DIRS」に登録していきます。

このように入れることができれば完了です。

#staticディレクトリの登録 CSSやJavaScript、画像などを入れておく「static」ディレクトリの登録をしていきます。 デフォルトでは抱えrていないので、一番最後に追記していきます。

#カスタムユーザーモデルの登録 後でログイン機能をつける時に役立ちます。 デフォルトでユーザーモデルが存在しますが、後から変更を加える際に大変なので、最初からカスタムユーザーモデルを利用していきます。

一番最後に次のように追記してください。

accountsアプリケーションを後から作成します。

このように追記すれば完璧です。

#最後に 今回は「settings.py」に書くものをまとめました。 今後さらにあっっぷデートしていく予定です。 一つ前の記事 PycharmでDjangoでアプリケーションを作成する手順準備編

Discussion

コメントにはログインが必要です。