Magicode logo
Magicode
fujitatakesh
IT コンサルタント、エンジニアです。以下にドラフトで経歴を書きますが、後で整理します。 学生時代に MSX-BASIC でプログラミングに目覚め、処理の遅さにZ80アセンブラを始める。専門学校で汎用機COBOL,FORTRAN,Cを経験し、二種の資格をとる。実習で生徒全員が一気にホストに実行をしかけるので処理が遅いなと思っていたら、卒業後の就職先で16ビットコンピュータの存在を知る。DBaseIII,DbXLなどのデータベース処理言語を経験し、コンパイル環境の QuickSilver、III の経験後、Windows 95 で動くプログラムとして Visual Basic を知る。お遊びから業務まで何でも組める環境を楽しんだが、じきに生成されている EXE が単体の実行形式ではなく、ランタイムが必要な中間コードであることに気づく。次に Classic ASP に出会い、インタープリタ言語の世界観が復活する。サーバープログラムで何でもできる、これからはインターネットの時代だとWebの世界にはまる。Windows サーバーのインストールなどを行ってインフラ知識を蓄積、自宅も無線 LAN や NAS を入れてホーム LAN なのに DMZ を設定してみたりする。ゼロデイコンピュータウイルスが会社にまん延したときは、COM や EXE を書き換えられないよう Windows Script で対策し、感染を広げないようにした。SQL Server は手足のように使え、クエリから PC シャットダウンを実行させるまでの仕組みも作った。社内ツールは EXE からスクリプトベースの Classic ASP, Windows Script, VBA に変化し、ツールを量産した。データの矛盾を発見するツール、短縮 URL 生成システム、ログのリアルタイム解析システム、販売商品制御ツール、アンケートシステムなどなど。次の会社で自社サービス開発を行い、会員関係で SNS 連携がおもしろくなり Tumblr など関係無さそうなサービスまで連携した。Power Apps 関係に出会って、コードを多く書かずにスマホ業務アプリを開発して新しい世界を体感した。今は自社サービスを改修、運営しながら IT コンサルタントを行っている。
fujitatakesh
10 min read1