Magicode logo
Magicode
3

GAS でアクセス数集計(Google Analytics 編)

ウェブサービスを行っていると、アクセス数の集計などで表計算が活躍すると思います。 今回は Google Spreadsheet を使って、アクセス数を取得するようにしましょう。

Google Analytics について

Google Analytics は実際のアクセス数を測定するツールです。 クライアントスクリプトを仕込んで、ブラウザ側から、ここのサイトにアクセスしましたよと記録をつけます。 (環境、ブラウザ、設定によっては記録してくれない場合があります) これにより、ページビュー、クリック、購入を記録することができます。

Google Analytics の集計

集計を行う場合、表形式のレポートを出して、右上のエクスポートボタンから、出力形式を選ぶと、ダウンロードが始まります。 これをコピー貼り付け、インポート、何なりと行うわけですが、日常行うには大変手間です。 そこで、Google Spreadsheet の GAS を使って、API 経由でインポートできるようにしたいと思います。

スクリプト環境の準備

1.Google Spreadsheet の準備

2.使っている Analytics が何なのか把握

ユニバーサル以前と GA4 で変わってきます。

  • ユニバーサル以前の場合は「Analytics Reporting API」
  • GA4 の場合は「Google Analytics Data API」

3.記録用シートの準備

ここでは空のシート「Analytics Reporting API」「Google Analytics Data API」を作成しておきます。 プログラムで名前指定して使います。

4.Google Spreadsheet で Apps Script を起動する

「拡張機能」メニューに「Apps Script」がありますね。

Analytics Reporting API を使う場合の実装

1. ビュー ID の調査

Analytics のビュー ID を調べておきます。画面左上のアカウント、プロパティ、ビューの選択画面にありますね。

2. Analytics Reporting API ライブラリの選択

Apps Script から「サービス」右の+ボタンを押し、「Analytics Reporting API」を選択します。

3. Analytics Reporting API 実行コードの実装

Apps Script に移動し、コードを書きます。 最初の関数はテスト実行用関数にすることを推奨します。 この画面が最初に表示されたときに、デフォルトで選択されるのは、最初に認識された関数になります。 これが実行ショートカット「Ctrl+R」で実行される関数です。 不意に実行されても良いように、テスト関数を先に書いておきます。

上記でざっと出ると思います。戻りはオブジェクト形式なので、結果を確認してテスト関数を書き換えます。

また、初回実行時に権限確認が出てきます。こちらは連携するように画面を進めてください。

本当に大丈夫?のダイアログ。メールアドレスと Apps Script 名が合っていれば問題ありません。 「詳細」リンクから先に進めます。

Google Analytics Data API を使う場合の実装

1. プロパティ ID の調査

GA4 にはビュー ID の概念がありません。画面左上のアカウント、プロパティ、ビューの選択画面からプロパティ ID を調べておきます。

2. Google Analytics Data API ライブラリの選択

Apps Script から「サービス」右の+ボタンを押し、「Google Analytics Data API」を選択します。

3. Google Analytics Data API 実行コードの実装

Apps Script に移動し、コードを書きます。 同じことを書きますが、最初の関数はテスト実行用関数にすることを推奨します。 この画面が最初に表示されたときに、デフォルトで選択されるのは、最初に認識された関数になります。 これが実行ショートカット「Ctrl+R」で実行される関数です。 不意に実行されても良いように、テスト関数を先に書いておきます。

こちらも結果を確認しながらプロパティを調整し、テスト関数を変更します。

Discussion

コメントにはログインが必要です。