Magicode logo
Magicode
0
6 min read

【Kali linux2022】Gitlab+Redmine環境をDocker-composeを使って爆速構築

1. はじめに

サーバーにDocker-composeでGitlabとRedmineを入れて,自分の城の環境を充実させるための企画です. 2代目のサーバーに迅速に対応できるよう備忘録として残しておきます.

2. ワンパン構築ymlファイル

2.1. docker-compose.ymlファイル作成

external_urlの部分だけはサーバーのIPに変更します.

version: '3.8'
#
# -------------------------------------------
# cmd memo
#
# >>>> docker-compose up -d
# >>>> docker-compose up -d --remove-orphans

services:

  # -------------------------------------------
  # redmine
  #
  redmine:
    image: redmine:3.4.13
    container_name: redmine
    ports:
      - 3333:3000
    volumes:
      - ./data/plugins:/usr/src/redmine/plugins
      - ./data/themes:/usr/src/redmine/public/themes

    environment:
      REDMINE_DB_MYSQL: redmine-db
      REDMINE_DB_PASSWORD: redmine
    depends_on:
      - redmine-db
    restart: always

  redmine-db:
    image: mariadb
    container_name: redmine-db
    ports:
      - 3306:3306
    environment:
      MYSQL_ROOT_PASSWORD: redmine
      MYSQL_DATABASE: redmine
    volumes:
      - ./data/db:/var/lib/mysql
    command: mysqld --character-set-server=utf8 --collation-server=utf8_unicode_ci
    restart: always

  # -------------------------------------------
  # gitlab
  #
  gitlab:
    image: 'gitlab/gitlab-ce:latest'
    restart: always
    environment:
      GITLAB_OMNIBUS_CONFIG: |
        external_url 'http://192.168.0.140:8930'
        gitlab_rails['gitlab_shell_ssh_port'] = 2224
        gitlab_rails['initial_root_password'] = "password"
        nginx['listen_port'] = 80                       # この行を追加
        
    ports:
      - '8930:80'
      - '2224:22'
    volumes:
      - './data/config:/etc/gitlab'
      - './data/logs:/var/log/gitlab'
      - './data/data:/var/opt/gitlab'

2.2. docker-composeの実行

下記コマンドで実行します.

docker-compose up -d

下記のコマンドを叩いて

docker-compose ps

こんな感じのがでてきたらOKです.

2.3. Gitlabにアクセス

Gitlabにアクセスするまでには時間がかかります.5分くらい...

ログイン画面がでたら下記情報でログイン.

ユーザー名:root パスポート:passwordでログイン

直ぐに管理者権限を持つ新規ユーザーを作成し,rootユーザーを削除 or ユーザー名とパスワードを変更!

これでGitlabの設定は完了です.

2.4. Redmineにアクセス

ユーザー名:admin パスワード:admin

これでログインするとパスワード変更が促されますので,パスワード変更しましょう.

これでRedmineの設定は完了です.

3. ホスト名の変更

ホスト名を適当に付けてしまっていたので下記コマンドでpolarislab3に変更します.

hostnamectl set-hostname polarislab3

ここで,一回再起動してから,sshでログインしてホスト名が変更されたことを確認

4. Gitlab と Source Treeの連携

4.1. アクセストークンの生成

アクセストークンの生成場所です. 意外と迷子になります.

ユーザープロファイルがある「Preferences」から

左のUser Settingにアクセストークンがあります. (SSH 関係もあります)

名前,期限,apiにチェックを入れたら生成して,アクセストークンをコピー

4.2. Source Treeでアカウントログイン

ツールからオプションを開く

認証タブから,追加→ホスティングサービスを選択→プロトコル選択→再読み込みで先ほどのアクセストークンを生成したユーザー名とアクセストークンを入力してアカウント設定完了.

4.3. SSH鍵生成

ツールから作成をクリック

generateキーを押して

Keyのエリアをマウスで擦ります.そうすると生成されます.

GitlabにSSHのpublic keyの部分を

こちらにペーストします

4.4. SSH鍵設定

生成したprivate keyを保存します.

SSH エージェントを起動して,保存した鍵を指定すれば完了です.

5. 確認

Remoteタブを押す→アカウントを選択→更新→リポジトリをClone

これができていれば完了です.

6. おわりに

基本的にはDocker-composeがほぼほぼやってくれているのでとても楽ですね. 未来の自分に役に立ってくれていたら幸いです.

Discussion

コメントにはログインが必要です。