Magicode logo
Magicode
0

Heaps

ヒープ(英: heap)とは、「子要素は親要素より常に大きいか等しい(または常に小さいか等しい)」という制約を持つ木構造の事。単に「ヒープ」という場合、二分木を使った二分ヒープを指すことが多い。ヒープデータ構造は、選択、グラフ、k-wayマージアルゴリズムで使用されます。検索、マージ、挿入、キー変更、削除などの操作はヒープ上で行われます。ヒープは、Go の container/heap(なるほど、container/以下にいろんなデータの方が入っているのか) パッケージの一部です。ヒープ順序(最大ヒープ)プロパティによると、各ノードに格納されている値は、その子よりも大きいか同じです。

順序が降順(先頭から大きいもの順)ならmaximum heap、逆はminimum heap。


Discussion

コメントにはログインが必要です。