Magicode logo
Magicode
1

第1話 v langのはじめかた

カサレリア。Katzenです。

これから今一番気になっている言語、V言語を学びながら紹介していければと思います。

タイトルにv langと書きましたが、 公式としては、「vlangではない!Vだ!」とのことです。

vだけだと検索しにくいのと、なにを指しているかわかりにくいので、便宜上、今後はV言語として表記を統一したいと思います。

さて、

第1回は、V言語の概要と導入方法を書きたいと思います。

私はChromebook(ASUS CZ1)でこの記事を書き、V言語の開発をしていきます。 ですので、ARM64bitのLinux基準になります。(OSは32bit)

V言語は、公式としてWindows,Linux,Mac OS,Android(Java)などなど多分大体のもので開発、実行できます。

基本的には公式を見ていただければ事足りますが、この記事を読んでいただいてありがとうございます。 https://github.com/vlang/v/blob/master/doc/docs.md

V言語は、とてもシンプルで安全性が高い、速い言語と謳っています。 https://vlang.io/

さて、導入してみましょう。

まず必要なものをインストールします。 git,tcc,gcc or clang,make

※このChromeのLinuxにはgitがすでに入っていたので省略します。

次はV言語のソースを取得してコンパイルしましょう。

これでvという実行ファイルができましたね。

試しに実行してみましょう。

これでバージョンが表示されればOKです。 

あとはパスを通して実行できるようにしておきましょう。

私の場合、/usr/local/binにすでにパスが通っているので、シンボリックリンクを作ります。 パスが通ったか確認しましょう。

こちらもバージョンが表示されれば完了です。

"./"がなくてもアクセスできる様になりましたね。

公式を見るのが一番わかり易い中、この記事を見ていただいて、 いくつかのコマンドを打ち込み、 設定したことによって、あなたもV言語を開発できるようになりました。

次回「V言語コードの記述」見てください!

Discussion

コメントにはログインが必要です。