Magicode logo
Magicode
2
2 min read

テレワークでもプランニングポーカーがしたい

はじめに

普段スクラムマスターをしています。

この記事では主にプランニングポーカーの小ネタを。

対象とする読者

・新しくスクラムマスターを任された方

・プランニングポーカーするのにわざわざカード作ったりトランプ何組も買うの面倒臭いという方(私はこれ)

・スクラムの勉強をしてみたいという方

結論

プランニングポーカーをテレワーク・出社に関わらず滞りなく行うには

hatsujitu

プランニングポーカーとは

今回は小ネタに重きを置くので簡単に。

概要

プロダクトバックログのアイテムがどの程度の規模なのか、

難易度はどれくらいなのかを開発チーム全員がそれぞれ見積もって、

タイミングを合わせて一斉に提示する手法。

課題

冒頭と重複しますがあらためて。

・諸々の準備が面倒(トランプや自作カード作成)

・モノを使うとなるとテレワーク組と出社組でどうにもならない

使用するTool

hatsujitu

使い方

スクラムマスター(or ファシリテーター)の場合

  1. hatsujituにアクセス
  2. Create new roomをクリック

3. 数字のタイプを選択。フィボナッチ数列が良いです。
4. Room numberをメンバーに伝えます。

メンバーの場合

  1. hatsujituにアクセス
  2. スクラムマスター(or ファシリテーター)から共有されたroom numberを入力

いざプランニングポーカー!

zoomやらTeamsやらで全員とタイミングを合わせてやってみましょう。

書くほどでもない小ネタ

あれ、Home画面戻れないなと思いましたがアイコン(?)クリックで戻れました。

終わりに

フィボナッチ数列が良いとされる理由など、

説明を流した部分は気が向いたら記事にしたいと思います。

Discussion

コメントにはログインが必要です。