Magicode logo
Magicode
2

python の pyperclip で、クリップボードが取得できなかった時のエラー例外処理

pyperclipでクリップボードが取得できない

たまにクリップボードの内容が取得できないときがありました。
うまくコピー出来ていないのか、貼り付けで失敗しているのか、そもそもスクリプトが動作していないのかを判断するため
取得に失敗した場合、その旨をクリップボードに入れる例外処理を追加します。

その場合の例外処理

ちょっとした例外処理を入れて、気軽にスクリプトを使いましょう

Magicode上ではpyperclipは動作しないため、確認はローカルで行いました。

↓以前確認した記事
pythonのpyperclipで、Magicodeからクリップボードを操作する→起動しませんでした

自作スクリプトがエラーになったとき、コンソールでエラー内容を確認するのではなく、クリップボードからエラーだということが確認出来ると
スクリプトを使用する敷居がちょっとだけ低くなったような気がします。

Discussion

コメントにはログインが必要です。